すっぽん皇帝の効果と口コミ-副作用や格安情報

精強剤とは?その効果は?

MENU

精強剤とは?その効果は?

精強剤とは?
精強剤は大まかに強精剤、強壮剤に分けられ、いずれも性的症状の減退によって用いられる薬剤やサプリメントの事です。
どちらも勃起力の減退や性欲の低下、精力の減少などを改善することを目的とした、主にサプリメントが多いようです。

 

強精剤、強壮剤の定義はあいまいで、強精剤は精ホルモン機能を高める事を言い、強壮剤は滋養強壮に重きを置いた物の事です。
強精剤は精力剤と同義語で、色々な物が販売されています。

 

医学的にはED治療薬が有りますが、強精剤や強壮剤は、効果が医学的、科学的にはまだ認められていない物が多いようです。
医学的に認められなくても、効果の有る物は存在し、多種多様なサプリメントで売られています。

 

強精剤の成分
強精剤は、主に男性ホルモン機能を高める成分が配合されたもので、即効性が感じられるマカや亜鉛、アルギニン、トンカットアリ、シトルリンと言った成分が含まれています。

 

亜鉛は、精子形成に関わり性欲増進の効果の有る物です。
必須ミネラルの一つで、人体に入る亜鉛は食品によって摂取しなければなりません。
食品で亜鉛を多く含むものは、牡蠣とか豚レバーなどが有り特に牡蠣は血液をサラサラにするEPAやコレステロールを下げるタウリンも含まれており、亜鉛摂取と共に有効な食品です。

 

マカは勃起不全を起こす酸化物質を除去するアントシアニンなどの色々な活性物質が含まれています。
マカもマカに含まれる成分は、体内で作れず食品によって摂取しなければなりません。
マカは成分ではなく植物の名前です。
その為、マカの摂取はマカ配合のサプリメントが一般的になっています。

 

アルギニンは非必須アミノ酸で体内で作られます。
ホルモンの分泌を促進し、血管拡張の効果が有り血流改善を促しますが、アルギニンが、体内で作られることが減少することにより、血流が思わしくなり動脈硬化などの弊害を起こすことに成ります。
アルギニンを含む食品は大豆や豆類、マグロの赤身や鶏卵、にんにくなどが知られています。

 

トンカットアリはトンカットアリに含まれる成分が男性ホルモンを整え男性機能を整える働きの有る物です。
近年は精力人参の一つとして精力増進、勃起薬などで愛用されているようです。
トンカットアリもインドネシアなどの熱帯雨林に生息する植物の名前です。

 

シトルリンはスイカやゴーヤ、ウリなどに多く含まれるアミノ酸の一種で血管を強くし血流を良くする効果があり、多くの精力剤の素材として用いられています。
亜鉛との相性が良く、亜鉛とシトルリンが配合されたものは効果が多く感じられるかもしれません。

 

これらの成分が配合された物が強精剤と呼ばれています。
主に男性ホルモンを作ったり、血流を改善したり、亜鉛の様に精子や精液を作る事によって性欲が増し、精力も改善される効果を持つ精力剤とされています。

 

強壮剤と効果
強壮剤は、主に生活習慣や食生活などを徐々に改善するための事に用いられる物と考えられています。
新陳代謝機能を良くし、老化の遅延や補血などを目的にしています。
滋養強壮を目的として長期的に体調を改善していくため、即効性は求められない事が特徴になっています。

 

滋養強壮剤は、栄養によって機能の回復を図るもので、にんにくやスッポン、まむし、ガラナ、高麗人参の人参類や漢方薬などが滋養強壮に優れてると言われ、各種ビタミン剤、タンパク質、炭水化物、ミネラル、アミノ酸などの身体に良いものとされる物を長期に摂取します。

 

これらの物に亜鉛やマカなどを配合したものが強壮プラス強精剤としてサプリメントにしている商品もたくさん出ています。
薬用酒やドリンク剤なども、数多く有り重宝されてるようです。

 

1ケ月以上の摂取によって、徐々に精力を付けていきます。
これらを利用することにより、身体の必要な栄養素や機能を高め、自然に治癒力を付けて元気な体や活力ある身体を作ります。

 

特にニンニクやスッポン、高麗人参などは、新陳代謝を盛んにし疲労回復などの改善や食生活に役立ち生活習慣の改善にもつながっています。
更に摂取を続けることにより、強精作用に結びついてきます。
副作用も無く、元気を取り戻すにはニンニクやスッポン、高麗ニンジンなどが含まれたサプリメントなどが良いかもしれません。